管理費滞納督促のページ


マンション管理費等滞納の督促について

 
 区分所有法第19条・・

 各共有者は、規約に別段の定めがない限りその持ち分に応じて、共用部分の負担に任じ共用部分から生ずる利益を収取する。

 (建物の敷地及び共有である共用部分以外の附属施設も同様―第21条)

上記より、区分所有者は、法律上からも共用部分の管理経費を負担しなければなりません。

 管理費等の滞納が発生した場合、督促する側も、される側も不愉快な思いをするものです。
しかし、管理費等は、組合運営の唯一の資金であり、大規模修繕工事の時には大きな資金が必要にもなり、その滞納は組合運営に大きな影響があることから、積極的な対応(防止策と督促)が重要であり必要です。
  
 管理費等の滞納防止対策として、支払順位を上位とする意識づけであり、徴収者である管理組合の取組み姿勢を明確にすることが重要。


<管理組合の対応のポイント>・・・・・早期の行動が重要
 @滞納者の状況の把握・確認
 A連絡は(督促)は、約束(支払義務・ルール)を守って欲しい旨の連絡
 B状況により面談と説明も必要
 C管理会社の督促業務の状況把握・確認(任せるだけでは足りない)
 D滞納も管理が必要(滞納者ごとの管理表・・次期理事会への引継ぎに役立つ)
 E状況によっては、法的措置もやむを得ない(必要)


 マンション管理費等の滞納督促方法等   


 工事中



 滞納督促について、注意点等を簡単に書きましたが、書面通りには進行しないことも多く、
  くれぐれも慎重を期し、実務的には経験を必要とするのも事実だと考えます。
  実務的には、そのケースごとに異なり、ここでは詳細を書けませんのでご相談ください。



    管理費滞納督促、法的対応についてのご相談もマンション管理士が承ります。


                   トップページへもどる       知っておきたいことへもどる