大規模修繕 in 札幌

(修繕委員会の活動実例記録)

<長期修繕計画の策定及び見直し等>

マンションの快適な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上を図るためには、適時適切な維持修繕を行うことが重要である。特に、経年による劣化に対応するため、あらかじめ長期修繕計画を策定し、必要な修繕積立金を積み立てておくことが必要である。

長期修繕計画の策定及び見直しにあたっては、必要に応じてマンション管理士等専門的知識を有する者の意見を求め、また、あらかじめ建物診断等を行って、その計画を適切なものとするよう配慮する必要がある。

長期修繕計画の実効性を確保するためには、修繕内容、資金計画を適切かつ明確に定め、それらをマンションの区分所有者等に十分周知させることが必要である。

管理組合は、維持修繕を円滑かつ適切に実施するため、設計に関する図書等を保管することが重要である。また、この図書等について、マンションの区分所有者等の求めに応じ、適時閲覧できるように配慮することが望ましい。

なお、建築後相当の年数を経たマンションにおいては、長期修繕計画の検討を行う際には、必要に応じ、建替えについても視野に入れて検討することが望ましい。

建替えの検討にあたっては、その過程をマンションの区分所有者等に周知させるなど透明性に配慮しつつ、各区分所有者等の意向を十分把握し、合意形成を図りながら進めることが必要である。

上記は、マンション管理適正化法第3条による「マンションの管理の適正化に関する指針」より抜粋。


大規模修繕の進め方のヒントでもあり、これをどのように実践して行くかは、
マンションの実情により、いろいろな方法があると思います。
あるマンションでは、修繕委員会を設置して、大規模修繕を進めています。

以下、その活動状況の紹介(概略)です。


修繕委員会の活動実例Part−1   <PDF>

修繕委員会の活動実例Part−2  <PDF>

修繕委員会の活動実例Part−3  <PDF>

 修繕委員会の活動実例Part−4  <PDF>



     大規模修繕関係の用語解説      

    マンション改修マニュアル  国土交通省版   
(改修によるマンションの再生手法に関するマニュアル)



   北海道 競争入札参加資格者名簿(建設部所管分)   
(大規模修繕工事の施工業者選定の客観的・参考資料)




設計監理方式の進め方としての参考であり、大規模修繕の進め方は、
マンションの実情により、いろいろな進め方があると思います。
理事会、修繕委員会において、検討、確認すべきことの参考になればと思います!?
検討、確認すべきところ、省略・集約できるところを整理して、
期間短縮もできると思います。

<ご意見等、メールにてお聞かせください。>

大規模修繕の進め方としては、マンション内の合意形成がもっとも重要であり、
多くの居住者の協力が必要になります。
その運営には、情報の公開、透明性等、民主的なものである必要があり、
必要な資料の作成、配付、広報が重要です。
マンションの実情にあった大規模修繕の進め方、また、関係資料及び配付文書の作成等も 
マンション管理士の業務です。



トップページに戻る