地下貯蔵タンク(灯油)等の法定点検



地下灯油タンク等の事故は、大きな損害が発生し、その賠償は、多額となります。
その防止のためには、地下灯油タンク等の点検は、必要であり、重要です。
その点検には、「定期点検」と「漏れの点検」(定期点検)があります。(法定点検)
点検実施責任者は、施設の所有者、管理者又は占有者です。


定期点検

  点検実施時期・・点検の実施は、原則として、1年に1回以上

          (危険物の規制に関する規則第62条の4第1項)

  点検実施者・・・

          @危険物取扱者

          A危険物取扱者の立会いを受けた者(資格者に限りません。)

   点検要領については、以下の定期点検記録表が入手できますので、参考にしてください。


                共同住宅等の燃料供給施設の点検記録表 (PDF)
                       (危険物一般取扱所定期点検記録表) 
                  




漏れの点検(定期点検)
(地下貯蔵タンク等、地下埋設配管)

漏れの点検基準改正・・・(平成16年4月1日施行)
危険物の規制に関する規則第62条の5の2、第62条の5の3、
危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示第71条、
第71条の2が改正され、定期点検の周期・漏れの点検方法及び
判定基準が見直され、また点検の範囲が明確化されました。

  点検実施時期・・構造、形態、設置年数等により実施時期が異なる。

          (危険物の規制に関する規則第62条の5の2〜3)

  点検実施者・・・点検の方法に関する知識及び技能をもった資格者

          (危険物の規制に関する規則第62条の6)

          ・危険物取扱者

          ・危険物施設保安員

    点検の実施について、完成検査後15年以内は、3年毎(以内)に実施する等、
    詳細は、以下を確認してください。

                 地下貯蔵タンク等の定期点検(漏れの点検)


                 地下埋設配管に係る定期点検(漏れの点検)

  点検記録の保存期間・・3年間


   罰  則

 ・定期点検を実施しない場合・・・

       30万円以下の罰金または拘留(法第44条第3の3号)

 ・点検記録を作成せず虚偽の点検記録を作成し又は点検記録を保存しなかった場合・・・

       許可の取消し又は使用停止命令(法第12条の2)

 <参 考>

     札幌市 危険物施設の定期点検ガイド

     地下貯蔵タンク等及び移動貯蔵タンクの漏れの点検に係る運用上の指針について

  

 





トップへ戻る