マンションの欠陥(瑕疵)

住宅品質確保促進法(品確法)

マンションの欠陥、不具合等への対応の基礎知識。



 瑕疵
とは・・・(簡単には、欠陥と同様の意味である法律用語)
 
 *取引観念上、売買目的のマンションが通常有すると期待される品質、性質、性能及び売主が、売買契約上、  保証した品質、性能を欠く、又は劣っていることである。

 *契約締結時に存在したものに限られる。


 
隠れた瑕疵とは・・・

  *契約時に、そのマンションに、買主が、一般的に要求される注意をもってもしても容易に発見できない、  知ることができない瑕疵である。

※ その責任は・・・
 *売主の故意・過失を問わない無過失責任であり、逆に、買主においては、善意・無過失でなければならない。


 マンションの欠陥(瑕疵)への基礎知識(PDF) 
(印刷は制限しています。)
     

欠陥への対応に関連する民法、宅地建物取引業法、品確法、アフターサービス等の関連部分


       トップページに戻る