独学 マンション管理士 

独断と偏見ですが、参考になれば・・・・・!!!

(随時、内容を追加、訂正していますのでお許しください)

特に、独学でのマンション管理士受験者の方へ、独断と偏見の区分所有法です・・・!
参考資料(自分用)として作成したものをさらに、修正したものです。

※ 条文は、青文字緑文字は、改正部分です。

*注意として「又は」、「並びに」、「及び」、「ただし」、更に「規約に別段の定めがある」、
「・・・ない」、「この法律に別段の定め」の意味に注意して、区別と理解が重要です。   

各項目にある「準用」される条項は必ず、立ち戻り理解が必要です。            
*「・・・の場合には」とは、それが条件であり、そうでない場合には対象にならない。     

   「独学マンション管理士」 pdf
 (印刷は、制限しています。 A4 42Page)
(平成20年改正部分第6章関係を修正しました。赤文字部分)
誤字脱字は、お許しを!
今後も、訂正、修正、追加の予定です。(いつになるか?)

  以下は、付録です。

 「付録T」 団地関連 第66条読替え.pdf
 (平成20年改正部分第6章関係を修正しました。赤文字部分) 
   「付録U」(マンション管理適正化法).pdf
 「付録V」民法(制限能力、意思表示).pdf    「付録W」民法(代理).pdf 
  「付録X」民法契約.pdf     「付録Y」マンションの欠陥(瑕疵).pdf

上記は、印刷を制限しています。
上記7種類のコピーを必要とする場合、メールにて問い合わせください。
当方にて、カラープリントして送付します。(2,000円送料込み)
 

      「付録U、V」について
民法、適正化法の一部ですが、暗記の為と考えて作成したものを修正したものです。
「制限能力者、意思表示」、「マン管士、主任者、管理業」の比較部分等です。
民法は、暗記ではありませんが、基本的事項は、混乱しないように整理すべきと思います。
条文を、その適用部分を必ず、行ったり、来たりして、一度は読んでください。
更に、管理業の義務及び収納方式は、このHPも参考にしてください。
適正化法は、標準委託契約書に関係します。
委託契約書のコメントも理解のこと。

   国土交通省 通達(抜粋)も参考にしてください。

あくまで独断と偏見ですので、質問はお許しください。
間違いの指摘、ご意見、ご感想は、メールへ


この独学・・・は、はじめての方には役に立たないと思います。
一定の勉強の後の確認用として、参考としてください。
試験は、如何に落とされないように準備することが重要です。
混乱、ひっかけ的な問題もあり、注意が必要です。
そのために、こんな捉え方もあるとして、参考にしてください。


 トップへ戻る